発達障害児 子育て0.2%改善塾

発達障害児の子育てブログです。毎日0.2%の前進を目指しています。

発達障害に薬はいらない?

味噌汁 画像 に対する画像結果.サイズ: 162 x 108。ソース: sharetube.jp

発達障害にクスリはいらない (子どもの脳と体を守る食事)」(内山葉子; 国光美佳著)という本を読みました。

 

この本を読み、普段、発達クリニックから処方されている薬の副作用一覧をみて、恐ろしくなりました。確かに薬を子供に飲ませても、効果はあまりなく、それよりも副作用の方が大きいような気がしていました。

 

この本には、薬に頼らずとも、家庭でできる工夫がいくつも紹介されており、とても参考になりました。そのいくつかを紹介します。

 

★小麦製品と乳製品

発達障害の子どもにとってパンを筆頭とする小麦製品や乳製品は症状を悪化させる要因となっているようです。小麦に含まれるグルテンというたんぱく質、牛乳に含まれるが税んとういたんぱく質は腸で消化されにくいため、炎症を起こしやすいそうです。そして腸の炎症は脳に影響をしやすいそうです。またパンにはいろいろな添加物が含まれていることも発達障害にはよくないそうです。パンと牛乳をやめただけで発達障害の症状がある程度軽減されるケースが多いそうです。

 

この本を読んで、パンや乳製品の常食はやめ、パンや乳製品はしばらく控えようと思います。何か効果が表れたら、こちらのブログでも発信して行こうと思います。

 

★電磁波の影響

また、電子レンジやwifi,,携帯電話などからの電磁波がADHDなどの発達障害をはじめ、うつや暴力行為などにも影響を及ぼしているようです。脳のシナプスが発達する子どもが電磁波にさらされるリスクがとても高いそうです。夜の10時以降はwifiは切ろうと思いました。

 

化学調味料の影響

化学調味料を除去すると、言語障害多動症、多くの神経症状が軽くなるという報告もあるそうです。これからは、化学調味料は使用せず、天然だしをとろうと決心しました。また、添加物が沢山含まれているようなお菓子の購入は控え、代わりにフルーツを沢山購入しようと思いました。

 

★ワクチンの影響

生後すぐから始まる任意接種のワクチンを息子にはいろいろ打たせてしまいました。とくにMMRB型肝炎ワクチンと自閉症スペクトラムとの関連性は報告されているそうでうす。受けさせてしまったことが後悔です。これからはインフルエンザワクチンも含めて、本当に必要なワクチンかどうかを見極めていこうと思いました。

 

その他、不足しがちなミネラルを意識的にとること(出汁が手軽でよい!)など、家庭でできることが色々と書かれていました。もっと早くに読みたかった本です。お勧めです!

 

 

放課後等デイサービス

f:id:satominw:20210430103334j:plain


こんにちは。小3の息子ですが、放課後等デイサービスを利用することにしました。

放課後等デイサービスというのは、発達に凸凹のある児童が放課後に利用できる療育機関です。区の方で受給者証を発行してもらえれば1割負担でサービスを利用できます。

 

放課後等デイサービスといっても、機関によってサービスが全くことなります。

私が見学や体験に行ったところでは、以下のような特徴がありました。

・工作に重点をおいているところ

・感覚過敏向けの児童にマッサージに重点を置いているところ

・重度の自閉症ダウン症のお子さんが多いところ

・運動に重点を置いているところ

・マンツーマンの勉強に力をいれているところ

 

今回息子に通わせようと思った施設は、運動療法に力を入れているところです。

息子を体験させて分かったことは、片方の目がほとんど動いておらず、脳のバランスも崩れているだろうということ。また手と足の動きをバラバラにする運動も苦手なようでした。目で見たことを手と足で別々の動きができないと、将来車の運転も大変なようです。

先日のブログでもご紹介した「薬に頼らず家庭で治せる発達障害との付き合い方」という本では、脳のバランスを整えることにより、発達障害が改善される事例が沢山紹介されていました。

薬に頼らず家庭で治せる発達障害とのつき合い方

薬に頼らず家庭で治せる発達障害とのつき合い方

 

 

また、以前、「脳を鍛えるには運動しかない」という本をよみ、息子に必要なのは運動だと思っていました。特に脳が形成される小さいお子さんには運動は大事なようです。

 

発達障害のお子さんが多くて需要があるせいか、放課後等デイサービスの機関は、新しい機関もどんどん増えています。小学生の以上の発達障害でお困りのお子さんは、利用してみてもよいかもしれません。

拝啓、アスペルガー先生、薬に頼らず家庭で直せる発達障害との付き合い方

f:id:satominw:20210428154544j:plain

皆さん、子育てお疲れ様です。

 自閉症スペクトラムの息子ですが、暴力行為が酷く、かかりつけのクリニックから入院を勧められ、最近、紹介状を持って大きな病院に行ってきました。しかし、まずは児童相談所などの区のサービスを利用して下さいと、入院はお断りされてしまいました。児童相談所などの方と連携しないとうちの子のようなケースは上手くいかないそうです。

 

実は、かかりつけのクリニックから、前々から入院を勧められていましたが、入院をしたら薬漬けになってしまうような気がし、悩んで悩んで、思い切って行きましたが、結果はお断りでした。以前、児童相談所にも相談に行きましたが、入院施設のある病院に連れていくだけだからと児童相談所からもお断りでした。

 

うちの地域の児童相談所の対応はかなりわるく、警察からも児童相談所に連絡をしているから電話をするように言われても、連絡が来てないからまだ動けません、2週間後に電話しても同様な対応でした。夜子どもが暴力行為になることが多いので夜間の連絡先を教えて下さいと頼んでも教えられませんと。

 

ようやく予約を入れて、訪問しても、相談ルームも予約をとっていないからどうしましょうかと聞かれてしまいました。(実際相談室は沢山空いてました・・) 話にくいことはあるので、子どもとは別室で話したいと事前に相談していましたが、子ども(小学生)は、まだ小さいから別室じゃなくてもいいでしょうと言われてしまいました。こちらの状況を一生懸命お伝えしても、まったく通じない感じでした。とにかく、もうここには二度と来たくないと思わせるようなところでした。

 

こうなったら、頼れるのは自分だけなので、自分でも色々勉強しなければと、最近、以下の本を4冊読みました。最初の3冊は奥田先生の本です。奥田先生は、発達に特性のある、特に小さいお子さんのお困り行動をなおすのが上手な先生です。薬は使いません。1回で行動修正ができる素晴らしいテクニックをお持ちの先生です。マンガ本も読みやすいのでお勧めです。

 

早速、私もカウンセリングの希望のメッセージを送りましたが、お返事はありませんでした。対応できない場合は返事はしないと書かれていたので、お断りだったのでしょう。

 

拝啓、アスペルガー先生

拝啓、アスペルガー先生

 

 

 

拝啓、アスペルガー先生 マンガ版

拝啓、アスペルガー先生 マンガ版

 

 

 

 

 4冊目のほんは、「薬に頼らず家庭で直せる発達障害との付き合い方」という本です。発達障害は左右の脳のバランスの崩れから起きているという考えで、脳のバランスを整えるセラピーを行っているアメリカのブレインバランスセンターで治療を受けて良くなったお子さんたちの事例が沢山書かれていました。

薬に頼らず家庭で治せる発達障害とのつき合い方

薬に頼らず家庭で治せる発達障害とのつき合い方

 

 

この本で勉強になったことは、左脳のバランスが崩れた子には、ポジティブ強化でほめて対応すること、右脳のバランスが崩れた子には、ネガティブ強化で、もし○○をしなければ○○ができないと恐怖で刺激をしていくことが効果があるとのことでした。

 

うちの場合、一番上が左脳のバランスが崩れているようで、二番目は右脳のバランスが崩れているようで、三番目はどちらともいえない感じでした。

本に書かれていたことを家庭で実施するのはなかなか難しそうなので、日本にも同様の機関はないか、ネットで調べてみましたが、残念ながら日本にはなさそうです。この本を引用している整体師さんは何人かいらっしゃいましたが、アメリカのブレインバランスセンターとはちょっと違うような感じがしました。

 

日本にも、米国にあるようなブレインバランスセンターで行われているような治療ができるような施設があれば本当にうれしいです!

中学受験へのチャレンジ

お久しぶりです。皆さん、おかわりはありませんか?

1月、2月と、アスペルガーの娘が中学受験にチャレンジしました。

発達障害でも色々なタイプがあるので、一概に同じようなことになるとは思いませんが、発達障害を持つお子さんの親御さんにとって、少しは参考になることもあるかと思い、経験をシェアします。

中学受験は、まだ小学6年生の子がチャレンジするので、塾や勉強のスケジュール管理はある程度親がやらないといけません。また受験日やその後のもろもろの管理も基本的に親の責任になります。塾によっては宿題の丸つけも親の役目になります。

娘の場合は、受験の2カ月位まえから、コンサータという薬を病院から処方され飲みました。初めのうちは、薬の効果もあり精神状態が落ち着いたようです。ただ、この薬の副作用として、食欲減退があり、だんたんと食欲が落ち、受験1カ月前には、水を少し飲むだけでも吐き気の状態で、おかゆや自家製のフルーツジュースの生活でした。朝はジュースしか飲めず、お昼はおかゆを食べれる日と食べれない日があり、夜も同じような感じでした。病院で胃薬を貰って飲んでも効果がありませんでした。

明らかに脱水症状で、椅子にも普通に座っていられない状態で、集中力もできなくなってしまいました。病院を訪れ、薬の量を減らしたりやめることを先生に相談しましたが、薬の調整は本人に任せて下さいと言われました。依存性がある薬なので、気づくと自分で飲んでしまいますが、これ以上飲んでは危険と私の方で判断し、受験1カ月前には薬を中断させました。小児科を受診し点滴でも打ってもらおうかと思いましたが、その必要はないとのことでした。

そして、体調は戻らないまま受験日になってしまいました。

1教科しか集中できなく、めまいと吐き毛で、残りの3教科はボロボロで不合格になってしまった学校もありました。数字の1が11に見えて計算してしまった学校もあったようです。Aと書こうと思ったらBと書いてしまった学校もあったようです。席が近い子がカタカタとうるさすぎて、全く集中できなかった学校もあったようです。算数はとけるのに、集中力がないので計算間違えがとにかく多いのが難点です。

第一志望の学校の過去問は15年位分取り組み、4回転くらい取り組んだ年もあったようです。ここまで頑張ったら不合格の訳はないと思うほど、頑張っていたんです。合格率80%以上の学校が軒並み不合格でした。自分よりも偏差値の低い子が合格しているし、自分はこんなに頑張ったのに・・と、不合格がわかってから1カ月位はうつ状態不登校の日々です。

もともと成績も偏差値もかなり高い方で2Eと診断されていましたが、娘のような発達障害があると、受験で上手くいくことは大変難しいとのことでしたが、本人の強い希望により、チャレンジしました。死ぬほど頑張っている姿を見ている親としては是非とも合格させてあげたかったです(涙)

中学受験が最終目標ではないし、人生挽回の機会はいくらでもあると本人には話しましたが、気持ちが中々収まらないようです。

子どもも辛いですが、受験が上手くいかなかったのは、親の責任かもと思うことも

とても辛いです。流動食をもう少し工夫できなかったのか、薬をもっと早く捨ててしまえばよかったなど後悔はつきません。

娘は反抗心が大変強く、親の意見にはすべて反抗します。イライラがたまると、物を投げたり、家族に暴力や暴言の日々で、家族も大変でしたが、受験が終わるまでと耐えてきました。いざ、受験が終わると、思うようにならなかったストレスで、同じような行動がしばらく続きました。ストレスで手や頭を掻きむしり、手や頭皮は血が出た跡のかさぶただらけで痛々しいです。

実力があっても、実力を上手く発揮できない状況が嘆かわしいです。

発達障害があっても中学受験が上手くいくお子さんもいらっしゃるようですが、そのようなお子さんも親御さんも、本当にすごいことだと尊敬します。

 

 

 

ブログのURL変更のお知らせ

発達障害児 子育て0.2%改善塾ブログ」を読んで下さっている皆さま

いつも、ブログを読んで下さり、ありがとうございます!

 

この度、2021年2月22日より、ブログのURLが変更になります。

(旧)www.02percent.work

(新)satominw.hatenablog.com

お気に入り登録をして下さっている皆さま、本当に有難うございます。

2/22以降は今のURLではブログが見れなくなってしまいます。

お手数で申し訳ないのですが、新しいURLでのお気に入り登録をして下さると嬉しいです。

 

中々、ブログを更新できていませんが、発達障害児の中学受験体験談を来週アップする予定です!

 

 

思春期の子どもに振り回される時の解決方法

f:id:satominw:20200710192118j:plain

お疲れ様です。思春期の子どものイライラに振り回され、毎日疲れきっている時に、

次のような素晴らしい動画を見つけました!

https://www.youtube.com/watch?v=qD-H24FqZUs

 

以下、動画のポイントです。

 

子どもに振り回されない親になることで、子育てのストレスも変わってきます。

すべて子どもに合わせようとするからストレスが溜まります。

子どもの感情の起伏に影響を受けて、親も疲れてしまいます。

子どもの要求通りに全部やろうとすると親も一杯、一杯になってしまいます。

 

・要求をきけるラインを明確にし、子供に伝える。

子どもの要求をすべて聞いていると一杯一杯に。毎日は難しいから週一だったらよいよなど。毅然とした態度で子供に伝える。

 

・叱るラインを明確にする。

全部を怒ってたら疲れてしまいます。

例えば、スマホを1時間だけ使ってよいと決めたら、1分すぎて怒ったらつかれしまうので、時間になったらとりあえず声掛け、30分すぎたら声掛け、さらに1時間超えてしまったら叱るなどの、自分なりのルールも作る。

スマホを使う時間のライン。

 

・プライベートタイムをつくる。

家事、仕事、育児だけだと疲れていまいます。プライベートタイムを作ることは大事です。

全部子どもの要求を聞いていたら疲れてしまいます。この日は○○の時間だからと子供に話す。

特定の曜日にジムやヨガなど。寝る前の15分の読書、仕事帰りのコンビニスイーツなど。夜は親の時間など。子供の要求通りに行動していたら、親もストレスが溜まってしまう。

 

要求を聞けるラインも明確にしてますが、末っ子は我慢ができずに、暴れてしまいます。思春期になったお姉さんはそのラインは理解していますが、親の私が根負けしてしまい、結局、末っ子の言いなりになっている私にイライラするようです。

 

叱るラインも、思春期の小6の長女は分かりますが、もう少し年下の子達には、時間を制限しても遊びたい欲求が勝ってしまい、結局親との約束はいつまでも守れず、それも思春期の長女のイライラの原因になっているようです・・

 

兄弟がいると中々難しいです。

 

プライベートタイムは私の夢です。子供が学校に行っている時間で、仕事に余裕がある時など工夫して作りたいと思いました。

ADHDの子育て動画

f:id:satominw:20200604131515p:plain


お疲れ様です。

ADHDの子どもの暴力で疲れ気味です。

そんな時、中学校教師の道山ケイ先生の動画を見つけました!

とても参考になったのでシェアします。

 

【危険】発達障害の子供が暴れる時の対応法!叫ぶ、物を壊すなど【元中学校教師道山ケイ】 

 こちらの動画のポイントです。

 

★カッとなりやすいADHD傾向 暴力をする 暴言をはくときの対応方法★

・学校と児童相談所に連絡しておく(子供を押さえつけた時にケガしてしまうかもしれません、近所から警察にクレームが行くかもしれません。事前に連絡しておくと、話が早いです)

・診療内科に相談しておく(薬をもらうのも手です)

・落ち着くのを待つ子育て(暴力を受けてる子供を連れて避難。暴れている子供が落ち着くのを待つ。発達が遅れているので、成長を待つ)

 

暴力を受けて、けがをしてしまうケースは、全寮制施設を検討した方がよいとのこと。

 

【ADHDの子供】正しい対応法と才能を伸ばす接し方!症状や特徴も親向けに解説【元中学校教師道山ケイ】

 

ADHDチェック(5個以上当てはまれば可能性大)

  • 集中力にかける(授業中15分も座ってられない)
  • 他の友達以上にけがをしやすい(衝動的な行動)
  • 覚えた内容をすぐに忘れてしまう(復習したのに翌々日には90%以上忘れてしまう
  • 興味のない内容の話を落ち着いて話をきけない
  • 他の子よりも感情の起伏が激しい(ちょっとしたことでイライラ)
  • 普通じゃないことを想像できる
  • 始めたことが長続きしない(興味がコロコロ変わる)
  • 宿題などをすぐに実行できない
  • 複数のことを同時に進められない
  • 注意力に欠ける

 

★接し方の注意点

1 イライラキーワードをメモし、そのようなワードは回避する。

2 できない部分を手伝う(部屋の片づけなど)

3 学校の先生と連携する(忘れ物、重要な連絡事項は直接親に連絡してもらうようにする、授業エスケープが酷い時は、親に連絡し迎えにいく)

 

ADHDの子どもの才能を伸ばすのに大事な2つのこと

ADHDの子は、育て方次第で、社会で活躍できる素晴らしい人になれる可能性を秘めています。

1 嫌いなことはやらせず、好きなことに没頭させる

2 すべての能力を伸ばそうとしない

 

ユーチューブで無料で教えて下さるのはとてもありがたいです!

他にも先生の動画があるので、順次見て行こうと思います!