0.2%改善塾

自分の行動習慣を毎日0.2%ずつ改善していくための取り組みをアップしていきます!

マウスピース矯正

私は歯並びが悪いことが長年のコンプレックスです。前歯が出ているので、夜寝るときは自然と口があいてしまい、口呼吸になってしまいます。高校生の時に親に歯列矯正をやりたいことを親に相談した時は、お金がかかるのでだめと拒否されました。それ以来、矯正をしたかったなぁという気持ちに蓋をしてきました。

小学校2年生の子供も歯並びが悪く、歯科検診で矯正を勧められました。歯は一生物なので、自分の時のように、お金のことで、そのチャンスを拒否したくないなぁと思いました。私は働いているので、矯正代も払えないことはないです。なので、子供と一緒に、私も歯列矯正を始めました!

子供は顎を広げて、歯が生えるスペースを広げるためのマウスピースを作りました。

私はインビザラインという透明のマウスピースを作りました。もともと夜、歯ぎしりががあり、顎関節症のため、夜中は顎関節症用のマウスピースを付けて寝ています。それを矯正用のマウスピースに1年間変えるだけで、歯並びも改善するなら、その方がよいと思いました!

矯正中は1カ月に1度歯のクリーニングをしてもらえます。そして、銀色の詰め物は、すべて白い詰め物に交換してくれるそうです。白い詰め物は大変高価なので、全部セットでやってくれるなら、そんなに高いものではないような気がしました。

マウスピースは、2週間に1度新しいものに交換し、すこしずつ理想の歯並び用の形に変化させるようです。マウスピースなので、食事の時や、歯磨きの時はマウスピースを外せるのが便利です。マウスピースをつけていても、透明なので、目立たないです。近所の歯科では、マウスピース矯正をする人の9割以上が成人だそうです!

最初だからかもしれませんが、歯が少し痛いです。でも我慢できない痛さではないです。一年後が楽しみです! これでコンプレックスを一つ解決できたらうれしいです。

参考:

www.ginza-moc.com