0.2%改善塾

自分の行動習慣を毎日0.2%ずつ改善していくための取り組みをアップしていきます!

スラック(時間)作り

今日は勝間塾の月例会に参加しました。

テーマは「時間キャッシュリッチな生き方のススメ」でした。

私もいつも「時間がない」ことに追われているので、時間の使い方を見直す良いきっかけになりました。

一番印象に残ったことは、20/80の法則(パレートの法則)をやり切っているかということ。パレートの法則を時間に当てはめると、一日の2割の時間で、8割の成果をだしており、逆に言えば、一日の8割の時間では2割の成果しか出せないということ。なので、朝晩、一日の優先順位付けを行い、時間の配分を考える習慣の大切さがよく分かりました。

自分の80側(やっても成果がでないこと)のリスト化で気づいたことは、夜の時間の使い方を効率化するとよいことです。子供を寝かせる時間を1時間早くすれば、子供の寝不足も解消し、朝すっきり起きれることにつながるし、夕食後子供たちがダラダラとテレビをみてる習慣も改善できそうです。

そのために、夜9時半までに寝るためには、逆算して、何時に何をやればよいかを、子供にホワイトボードに書かせました。とりあえず、今日は成功でした。もしこれが継続できれば、自分の時間も夜1時間位は確保できるし、睡眠時間も多く取れそうです!

そして、今まで、子供ができることも私がやってしまってたので、子供たちで、家事の分担の係を決めてもらい、毎日少しづつでもお手伝いしてもらおうと思います。子供も任されると嬉しいようです。翌朝の準備も自分でできる子にしないとです。今まで、子供を甘やかし過ぎてたようです。

時間欠乏症にならないよう、色々と工夫していきたいです。