0.2%改善塾

自分の行動習慣を毎日0.2%ずつ改善していくための取り組みをアップしていきます!

火災保険・地震保険 保険会社の比較

いつ巨大地震が起きてもおかしくない今、火災保険・地震保険の会社のサービスを見直しをしてみました。

割安感のある生協系は

都民共済(火災保険だけで、地震などの自然災害保険がない)

コープ共済(火災保険、自然災害保険はあるが、対人賠償保険がない)

③全労災(火災保険、自然災害保険、対人賠償保険あり)

生協系の火災保険は、マックスの補償額が4,000万円なので、大規模な建物には向いていませんが、小規模建物には割安で良さそうです。

ただ、デメリットとして

1)地震などの自然災害が大手保険会社だと50%までつけられるのに、30%までしかつけれないこと。

2)火災保険の免責金額が10万円なこと。地震保険の免責額も100万円?だったかと、免責額がかなり大きかったこと。

3)地震などの自然災害の支払い限度額があり、大規模地震が広範囲で発生した場合、保険金の分割払い、支払いの繰り延べ、支払額の減額になり、東京で大規模災害が発生した場合は、その可能性が高いこと。

4)全労災の場合は、年間3割の割戻金があるとは言われてますが、実際は自然災害が多いので、近年は割戻金はないとのこと。

なので、共済系の自然災害保険はいまいちな感じがしました。

 

一方、大手の保険会社は、

1)あいおい損保地震保険の申請を、ある物件で2回ほど申請しましたが、建物の作りが悪いから地震の時に建物に被害が出たんだと建物のせいにされ、結局保険金は一円も支払ってもらえませんでした。)

2)東京海上日動(事故受付担当の方、高齢なのか、事故受付したことをお忘れになり、代理店から催促の電話を何度か入れましたが、保険金がでるまでに、かなりのお時間がかかりました。申請後、金額確定のときも、これくらいの額で勘弁して下さいよと仰り、面倒な感じが伝わってきました。)

2)三井住友海上保険(近年初めて契約し、申請をしたところ、事故受付担当者の対応はよく、迅速に保険金がおり、大手の保険会社の中では、一番対応がよかったです。)

この3つでは、内容はほぼ一緒でも、料金は、

あいおい<東京海上日動<三井住友、になります。

サービスも料金に比例しているようです。

高い地震保険料を毎年かけていても、いざというときに後悔しないように、保険会社の見直しをしました。